2014年6月19日 木曜日

カラーによる髪の毛へのダメージ~そのケア

こんにちは!

今回はカラーリングによる髪の毛へのダメージについてご紹介していきます!!

「カラーをすると髪の毛が傷む」っということを知っている方は多いと思いますが、なぜ傷んでしまうかをすこし
細かくご紹介していきます。。
ヘアカラーは、カラー剤に配合されているアルカリ剤により、弱酸性の髪の毛のpH(pH4.5~5.5)より高い数値に
なってしまい、そのことが原因で髪の毛のタンパク質の4つの結合のうち、イオン結合が切れてしまうことが
ダメージの原因となります。。

次にヘアカラー後の髪の毛へのケアのご紹介をしていきます!

カラーリングによって高くなってしまった髪の毛のpHを正常な数値まで下げることが重要です。
カラー後、流しきれなかったアルカリの影響で髪のpHは高くなったままです。
pHを元に戻すには、酸性シャンプー(pHが低いシャンプー)で中和し、しっかりと洗い流す必要があります。。
カラー後のシャンプーには実はこういう理由があります。
ですが、残留しているアルカリは完全に取り除くことはできないので、自宅でのケア、ホームケアをする必要があります。。。
5日から7日、しっかりケアしてあげることが大切です!
そのほか、髪はしっかりと乾かしてあげてください。
濡れたままですと、髪は若干の膨潤しているためダメージを受けやすく、内部の成分もより流出しやすい状況
になりますので、カラーの色持ちにも繋がりますのでしっかり乾かすこともホームケアのうちになります。

ケアと聞くとトリートメントを連想させがちですが、シャンプー剤もとても大きな役割をもっているんです( ´∀`)つ

トリートメントももちろん大切です。主な働きとしてはpHコントロール、褪色防止、アミノ酸やタンパク質の補給効果など、カラーを綺麗に保つための役割がありますので
カラー後はお店でのトリートメントだけではなく、自宅でもトリートメントをしていただくことをお勧めいたしますよ!

どのシャンプー、トリートメントを使えばいいかわからない方も多いと思います。
そんなときは担当している美容師さんにいろいろ聞いてみるのが一番だと思います!

自分の担当さんが知識豊富だとこれから先も任せられますよね(笑)

結構長くなってしまったのですが、ここまで読んでくれてありがとうございました!
それではまた!!


投稿者 assembly

初回限定 COUPON