ダメージケア

2016年2月14日 日曜日

最近ブリーチサプリという可能性

pic20160214123216_1.jpg

pic20160214123216_2.jpg

pic20160214123216_3.jpg

最近美容業界で注目されているブリーチサプリ
中性ブリーチを試す日々

島田の売りは、ハイライトの入った外人風アッシュカラーなので、これは使えると思い試行錯誤した結果

お時間は、少々かかりますがダメージを最小限抑えたナチュラルハイライトが可能性になりました。


ブリーチサプリは、脱色剤【ブリーチ】をアルカリ性から中性にすると言う業界初の試みで、

今までブリーチは、痛むと言われて避けられていたが、しかし

薬剤を中性にすると言う事で美容施術の中で最もダメージ力が強いブリーチを最小限ダメージを軽減させる事が出来るようになったって事です。

これは、本当に凄い

リフト力は、従来のブリーチよりはないですが
カラーチェンジがやりやすくなりますねー


という事で今回ブリーチサプリでハイライトを入れてオンカラーしてみました


ダメージは、あまり無く綺麗にカラーできています

よかったらお試しを

カラー...8000
ブリーチサプリハイライト.....10000
カラーのみの方は、ブロー料金2000
税別

お問い合わせは、島田まで
















投稿者 assembly | 記事URL

2016年2月13日 土曜日

カラーのトリートメントって?

カラーの時にトリートメントって効果あるの?
って質問かなり多いのでご紹介します。

はっきり言うと基本的にトリートメントは、髪を復活させる能力は、ございません

assembly島田の考えは、カラーの時のトリートメントは、カラーの時に発生するダメージを最大限少なくするという事です。

カラーをする時に約10%の髪タンパク質を使用して無くすと言われています。

カラートリートメントは、この約10%のタンパク質を3%〜5%にすると言う考え方です

カラーは、髪に薬液を塗布してから約10分で脱色して、5から10分で色味を入れていくというメカニズムです。

髪のダメージは、7%始めの10分で失われます

と言う事は、カラーの前に囮タンパク質を入れておけば、この7%ダメージを2%のダメージでできるというになります。

なので、初めにトリートメントを行って囮タンパク質を入れておきます。

そのあと色味を入れるのに3%のダメージがかかります。

これは、中間トリートメントで補いって行きます

そして、カラーのあとアフタートリートメントで

今日失われたタンパク質を補うと言う考え方です。

なのでカラーとトリートメントは、やったほうが
髪のダメージは、少なく済むと言うことになりますねー

カラーでダメージしたくない方は、是非お試しくださいねー

島田カラー.........8000

トリートメント.......5000


カラーのみの方ブロー料金.....2000
プラス税

ご相談は、島田まで

























pic20160213155223_1.jpg

投稿者 assembly | 記事URL

初回限定 COUPON